サイト管理人の 「主婦兼時々アルバイト」 のTITO(ティト)です。(^◇^)/ こんにちは。
この記事は管理人が実際に行っているもので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

支払の全てをスーパーのクレジットカード1本に集中

クレジットカードを1本に集中
geralt / Pixabay

結論から言いますと、タイトルにも書きましたが、よく使うスーパーで発行しているクレジットカード1本に生活で発生する支払いの全てを集中させるということです。するとポイントが溜まり、それが再度買い物に利用できるという超簡単な節約術です。

スーパーのクレジットカードの場合、溜まったポイントはスーパーで利用できます。それがミソなのです。

現金払いや銀行引き落としにはポイントはつきませんよね。クレジットカードによりますが、100円につき1ポイント、1ポイント=1円~。
支払が集中されるのですから、結構な金額を支払い、結構なポイントが溜まり、それが再度利用でき、ありがたいですね。

もう一度言いますが、現金払いや銀行引き落としにはポイントはつきませんから、お得感ゼロです。

クレジットカードの複数使いはポイントが分散して損

時々みかけます。ガソリンは●ネオスカード、家電は●ックカメラカード、旅行は●ALカードと分散して使っているケースです。これは、ポイントが分散してしまい、なかなか溜まりません。

ポイントは、ある程度溜まらないと使えない場合がほとんどで、中途半端なポイントで有効期限がきてしまいポイント失効になるリスクが大です。実にもったいない。これは極力避けたいものです。

ポイントの管理も面倒になります。1本ならそれだけを見ればよいわけですから、管理も面倒ではありません。分散するよりは、1本に集中することをお勧めします。

管理人のケースを紹介

管理人は「ベイシア」というスーパーの発行している「ベイシアカード」というクレジットカードを利用しています。ベイシアは食料品のスーパーです。スーパー以外にホームセンターであるカインズホーム、車関係のオートアールス、旅行のカインズトラベルなどなど、生活の必要なものやことは全てベイシアグループで利用し、ベイシアカードで支払っています。

ベイシアグループでカード支払いすると100円につき1.2ポイント付きます。つまり、100円支払うと1.2円のポイントがつくということです。還元率にすると1.2%です。普通預金の平均金利は0.001(H29.05.01日本金融通信社より)ですから、この還元率はすごいです。金利ゼロ時代の今、利用しないと逆に損することになります。

ベイシアグループ以外での使用では100円につき1ポイント(=1円)になります。

管理人は流動費である食料品、日用雑貨、衣料などに光熱費や医療保険、通信費、NHK受信料などの固定費の支払も集中させています。あれやこれやでひと月の支払額は10万~15万円位です。

そして金額に基いてポイントがたまり、商品券に換えてくれます。その商品券は再びお買い物に利用できるというわけです。無駄なし。

ポイントの計算も管理も簡単

ベイシアカードの場合、引き受け先がセディナというファイナンス会社になります。ベイシアカードの使用状況や請求明細のプリントアウトなどはパソコンやスマホで確認や管理ができるようになっています。

セディナカード側できちんとポイントを計算してくれて、管理画面で一目瞭然でわかるようになっています。どこのクレジットカードも同じようなシステムになっています。心配には及びません。

管理人の場合ですが、ポイントが溜まったら、ベイシアグループで使える商品券に換えています。交換は管理画面でできます。有効期限がありますので、5,000ポイント位溜まったら商品券に換えています。後日郵送で送られてきます。お店で使うとお釣りがちゃんと出ますよ。

お勧めカード紹介

管理人の場合は、ベイシアというローカルなスーパーの発行しているクレジットカードを利用しています。

皆さんの町にはどのようなスーパーがありますでしょうか? ★イオンやイオン関連スーパー★イトーヨーカドーとその関連スーパー★西友や西友関連スーパーなど。よくお買い物に行くスーパーでクレジットカードを発行しているか、どの店舗で使えるか聞いてみるといいですよ。例えば、★私鉄沿線のスーパーなどは系列のスーパーのカードが作れますよね。

もし、そのようなスーパーがない時は、がっかりしなくても大丈夫です。★お勧めは「楽天JCBカード」を作ってみてください。このカード1枚にすべてを集中してもいいですね!

これは魔法のカードでして、税金を支払う時、ポイントがつくし、どこのお店でも使えます。溜まったポイントは楽天市場の通販でも使えるし、楽天と提携している楽天市場以外の街にあるリアルショップでもポイントが使えます。超便利ですね。

楽天JCBカードを作ってみましょう!

お勧め:

セブンカード・プラス(スマホ用)
スマホからお申込みの方はこちらイトーヨーカドーや
関連スーパーをご利用なら
絶対おすすめします!
セブンカード・プラス(PC用)
PCからお申込みの方はこちらイトーヨーカドーや
関連スーパーをご利用なら
絶対おすすめします!
イオンカード
イオンやイオン関連スーパーを
ご利用の場合は
これを絶対おすすめ!
5/31まで新規入会で6,000円ゲット!


楽天JCBカード
自宅の近所にクレジットカードを
発行しているスーパーがない時は
楽天カードの選択もあります!
楽天市場や町中の提携店で使え
ポイントがザクザクは本当!


楽天銀行(超使いやすいネットバンク)

実践してみよう

カードは届きましたか? それと同時にパソコンかスマホでの管理画面の設定もお忘れなく、以外とこれは大事ですよ。

まず、何をどこで支払っているか紙に書き出してみてください。

食料品、日用品、家電、ガソリン、ペット用品、光熱費(電気、ガス、水道)、保険(医療保険や家財保険など)、NHK受信料などなど。

光熱費や保険、NHK受信料などは、クレジットカード支払の届け出をしないといけません。相手先に連絡をして「クレジットカード支払にしたいので、用紙を送ってください」と頼みましょう。後日郵送されてくるはずです。郵送されてきたら必要事項(カード番号、有効期限、名義人など)を書いて送り返せば完了です。

残念ながら、ポイントがもらえるnanaco支払いは、できなくなってしまいました。只今、他の解決策をさがしています。(2018.04.24現在)

ここで大事なことを書きます。クレジットカード支払ができないものがあると思います。

管理人の場合は水道です。管理人の住んでいる町の水道事業所はクレジットカード払いはできません。なので、nanacoカード支払にしています。これもポイントが貰えるのです。nanacoカードではバーコード付きの支払用紙があれば支払可能です。税金やその他の支払でバーコードがついていれば支払可能だということです

こちらの記事を参考に。「税金支払をnanacoで!ポイントゲットも可能なスゴワザ(最新版)

まとめ

クレジットカード支払をするとポイントが溜まり、そのポイントで買い物をするという節約技ですが、スーパー発行のクレジットカードをお勧めしています。

その理由はずばり、溜まったポイントはスーパーで使えるからです。余すところなく全て有効利用しようということです。

クレジットカードでもポイントの還元率がとても高いものがありますが、溜まったポイントを利用する時に「使えないもの」だったりします。これでは意味ないですよねー!

例えば、旅行好きの人の場合、JALカードで買物やその他の支払を集中させ、マイレージを貯め、海外旅行に使うというのもありです。大事なのは分散させずに集中させて、ポイントを稼ぎ、稼いだポイントは有効に使うということなんですね。

お手頃のカードがない場合は、楽天JCBカード1本にしてもよいです!ポイント、バリバリ溜まりますよ。

楽しい節約生活を送りましょう!(^◇^)/

作成:平成29年10月16日

スポンサーリンク