こんにちは。管理人のTITO(*^▽^*)です。この記事は、私が自然とダイヤモンド会員になっちゃった内容、ダイヤモンド会員のお得を書いています。ぜひ、参考にしてみてください。

———————————-
目次

1)楽天の会員ランクと条件
2)ダイヤモンド会員に自然となっちゃった
3)お得なことがありすぎ
4)まとめ
———————————-

1)楽天の会員ランクと条件

ランク

楽天を真剣に利用する前は、なんとなく「●●会員」なんて名前がついていたなという印象しかありませんでしたが、生活の支払いの全てを楽天カード(ゴールド)にしてからは、がぜん興味がわき、きちんと把握することにしました。

楽天会員にはランクがあります。レギュラー会員からダイヤモンド会員まで6ランクあります。以下をご覧ください。

条件

上記画像の右側の文字を見てください。

ダイアモンド会員に関して言えば、「過去6か月間で4,000ポイントを獲得することと過去6か月間で30回ポイント獲得をすること」がクリア条件になります。

気を付けたいことがあります。

6か月間で4,000ポイントですが、キャンペーンポイントなどの期間限定ポイントは対象外です。本当に買物代金として支払ったり、サービス代金として支払ったなどで発生したポイントが対象となります。対象となる楽天関連の明細をみてください。

 

2)ダイヤモンド会員に自然となっちゃった

結論からいうと、生活の全ての支払いを楽天カードに集中し、楽天カード以外一切使わない方法に切り替えたら、自然となっちゃったのです。つまり、それだけなのです。

もう少し具体的に管理人の場合で説明しますね。

ダイアモンド会員のクリア上限の6か月で4,000ポイントを1か月にならします。

するとひと月667ポイントということになります。1%ポイントがもらえると仮定するとひと月、66,700円使う必要があるということです。

一見大変そうに思えますが、電気代、ガス代、スマホ代、光ネット代、医療保険代を楽天カードのクレジット支払いにしていて、楽に5万円位になっています。それ以外にスーパーやホームセンターでの買物も楽天カードを使っています。

管理人の場合、ひと月、66,700円のクリアは楽勝なわけなのです。

それと、ポイント獲得回数が6か月で30回が条件です。ひとつき5回となります。5回ポイント獲得はスーパーなどでの買物で楽に獲得できます。

皆さんも家計を見直して、楽天カードに集中したほうがお得かどうか検証してみることをお勧めします。

そして、ダイアモンド会員を狙いにいくのであれば、絶対に「楽天ゴールドカード」をお勧めします。年会費2,160円ですが、2,160円を上回る見返りがあります。この辺のことは後で記事にします。お楽しみに!

「楽天カード」参照はこちら。(ETCカードはこのカードで作らないこと、有料だから。)


3)お得なことがありすぎ

生活の全ての支払いを楽天カードに集中すると「楽天 ダイヤモンド会員」に自然となれてしまうことがおわかりになったことでしょう。

それで、ダイヤモンド会員は優遇されているというか、会員のランク別に「お得度が違う」のです。

4)まとめ

以前は、ベイシアカードに支払いの全てを集中していましたが、ある日、ポイントのつき方が、楽天カードで楽天関連で使ったほうが異常に良いということに気づいたのです!

もうその瞬間から、楽天カードに切り替えましたよ。クレジットカード支払いできるもの、食料品、日用品の買物など全て楽天カード(ゴールド)を利用するようになりました。

そして、あっという間に「楽天 ダイヤモンド会員」になっていました。

楽天グループはありとあらゆる分野に手を広げています。つまり、楽天カードで楽天を使いつくした方が、めちゃめちゃお得だということです。

この記事はダイヤモンド会員には自然となれる内容ですが、それはそれとして、キャンペーンボタンを押すと、そのポイントも得られます。

又、現金で買うより、楽天Edy 楽天アプリで支払いをしたほうが、支払った分のポイントとそのキャンペーンのポイントがついたりして、とてもお得です。

それについてもおいおい記事にします。お楽しみに!

「楽天カード」参照はこちら。(ETCカードはこのカードで作らないこと、有料だから。)


平成30年7月18日